緑内障の治療を静岡の眼科クリニックで受けて進行を防いでます。

治療から2年視野狭窄が進行

目薬をさし始めて2週間後に静岡の眼科クリニックに行きました。
眼圧測定器で検査したら正常値に納まるまで下がってました。
視野を調べる計測器や、眼球の断層画像が見える機器や、進行度を調べる顕微鏡や眼底検査などを行って、進行していない事も確認されました。
働きながらだと2週間に1回のペースで通うのが大変だと相談したら、進行も止まっているので1カ月に1回の通院にしてもらえました。
それから2年ぐらい目薬をさす治療を続けてましたが、一度も眼圧も変化が無くほとんど進行も抑えられてました。
2年を過ぎた時に、眼圧は正常値なのに視野狭窄が進行してますと診断されました。
ずっと眼圧だけが下がっていれば問題ないと考えていたので、それを聞いてガッカリしました。
もうこのまま失明してしまうのかとガッカリいながら先生と話していたら、眼圧が正常値でも神経が傷つきやすい体質だと進行する事がありますと言われました。
目薬をより強い物に変えて、眼圧を正常値の低い所まで下げて様子を見る事になりました。

老眼の進行かと思ったらまさかの目薬生活 / 治療から2年視野狭窄が進行 / 目薬から飲み薬に治療を変えながら治療を続ける